徳島の海鮮問屋・東海産
  • トップページ
  • 会社概要
  • 商品紹介
  • お問合せ・お見積り

あじ

日本ではいわし類やさば類とともに、重要な食用魚であるあじ。
焼いて良し、唐揚げも良し、身をほぐして炊き立てご飯に混ぜても格別。お手頃な値段とは裏腹に、様々な楽しみ方ができるところが魅力です。

太刀魚

成魚は体が細長く扁平、全長1.5mほどまで成長します。他の魚と違って腹びれや尾びれ、鱗がありません。
歯は鋭く剃刀のようですが、銀色の皮で包まれた身は白く、たいへん美味です。

かます

県南で水揚げされるかますも、徳島が誇る魚の一つです。
お味は淡白なため、焼き魚に適しています。飽きのこないシンプルな味わいと、ホクホクとした食感が人気の干物です。

ボーゼ

徳島ではイボ鯛のことを「ボーゼ」と呼びます。「鯛」と名前に付いてはいても鯛科とは無関係で、マナカツオ科の魚です。
体は銀色で丸みがあり、鮮魚としてより高級干物としての知名度が高いことでも有名です。

さば

さんま、いわしとともに大衆魚の代表格。揺るがぬ人気を誇ります。
さばの干物といえばみりん干しを想像する方が多いかもしれませんが、活きのいいさばの塩干しは実に深いお味です。これまでのさばのイメージがきっと変わります。

アオリイカ

焼くと香ばしくおいしいアオリイカ。
適当な大きさに切り分け天ぷらに、お酒のおつまみとして和え物に…と、実は多彩な活躍をする名選手です。他のイカ類と比べてもその味の良さは折り紙つき。ぜひ一度ご賞味ください。

金目鯛

冬が旬の魚で深海に棲みます。長生きするものは14~15年と、長寿の魚として縁起も良いのです。
脂肪分が少々多めですが口当たりは淡白で食べやすく、味の良さで知られています。

ちりめん

一般に、いわし類の仔稚魚を食塩水で煮たあと乾燥させたものを「ちりめん」と呼びます。東海産では、紀伊水道で獲れる仔魚を一手間かけて天日干しで製品に仕上げ、上乾物としてお届けしています。

干しえび

紀伊水道どれの「ざるぼ海老」を干物にしました。煮物のタレに、素麺のつゆにと幅広くお使いいただけます。
おつまみとしても、そのカリカリとした食感がたまらないと人気です。

目ぬきうるめ

うるめいわしを丸ごと干物に加工しました。「めざし」とも呼ばれます。
しっかりと乾燥させているため旨味が中に凝縮し、噛めば噛むほど口中においしさが溢れます。色が変わらない程度に、軽く炙ってお召し上がりください。

湯通し 塩蔵わかめ

激しい潮流にもまれて育った鳴門わかめを湯通しし、塩をふって乾燥させました。日持ちがよく、水で戻すと弾力性に富んだ食感が味わえます。味噌汁の具に、ラーメンに乗せて、炒め物やサラダにとその用途も豊富です。

ちりめん佃煮

天日干しで乾燥させた栄養豊富なちりめんを佃煮にいたしました。
濃すぎず、それでいて後を引く風味と味わいは、ご飯の友にぴったり。自然と食が進みます。
お年を召された方からお子様まで、幅広い年代に人気です。